男性と会議室

バーチャルオフィスを利用すると手に入るもの

会議室

バーチャルオフィスという名前から、直訳して「架空の」オフィス、すなわち実際には存在しない物件の住所を貸し出すのではという不安を抱く人は少なくありません。これはよく誤解される点ですが、バーチャルオフィスは、東京に実在する建物、物件の住所を貸し出すサービスです。仕事の性質上、高い賃料を払ってまでそのオフィスを実際に使う必要はないが、対外的に東京都内の事業所住所として通用するアドレスが欲しい人のために提供されているサービスです。
また、普段は執務スペースを必要としない契約者が、会議や打ち合わせのために実際にオフィスを使いたい場合も当然あり得ます。そんな時のために、契約者が使える会議室を東京都内でいくつか提供している業者もあります。そうした会議室は予約制で、時間単位で利用料金を払うシステムのところが多いです。会議室レンタルの専門業者もありますが、バーチャルオフィスと契約することで、会議室が必要になるたびに別業者を当たって探し回る必要がなくなります。
このように、バーチャルオフィスを利用することで、東京のビジネス用住所と電話番号、そして、事前に予約を入れて追加料金を払えば使わせてもらえる会議室を手に入れることが出来ます。

バーチャルオフィスと信頼の関係

東京のバーチャルオフィスを使うことと、自宅兼事務所という状態を比較する一番いい方法は、両者の名刺を見比べてみることかもしれません。片方の名刺には、東京都内の有名な場所にあるオフィスビルの住所が印刷されている。また、もう一方の名刺には、聞いたこともないような土地の、どうやら個人宅と思われる住所が記載されている。もう一点、比較しておやと思うのは、電話番号です。バーチャルオフィスを利用している人の名刺には、「代表」として東京03番号の固定電話ナンバー。自宅兼事務所の方の名刺は、090発信の携帯電話番号のみです。この2枚の名刺を見比べてみて、今まで自分と取引をしたことがないお相手が、どちらをより信頼してくれそうだと思うでしょうか。

バーチャルオフィスと契約すると、オフィス用の住所だけではなく自分専用の固定電話番号も借りられます。「バーチャル」と呼ばれてはいますが、住所も電話も架空のものではなく、郵便物、宅配便もきちんと届きますし、電話もつながります。月々わずか数百円から数千円程度の投資で、自分のビジネスの運用状態をこんな風に変えることができるのです。バーチャルオフィスは、ビジネスの信頼獲得のための頼もしいサポートになるでしょう。

バーチャルオフィスから始めるという選択

沢山のバーチャルオフィスがある東京。まだ資金力に限界がある段階にいる個人事業主やフリーランスの方にとっては、この状況をいかに有効に活用するかによって、その後の自分のビジネスの展開に大きな差が出てくるでしょう。バーチャルオフィスを利用することで、東京の事業所アドレスを入手。これを新規の顧客からの信頼獲得に上手くつなげて、取引相手を増やすことが出来れば、ビジネスの将来が明るくなってきます。

あるいは、バーチャルオフィスを利用したことで、通常、東京では非常に高くつくオフィス賃料による莫大な出費を抑制。それによって浮いた資金を商品開発に回したところ、その商品の人気が出て大ヒット商品に化けた。これもまた、自分のビジネスの見通しがよくなる展開です。あるいは、研修、セミナー講師業の場合なら、資金に余裕ができたので、これを自己研鑽のための資格取得に投資。これによって、より上級の資格を得て、自分のセミナー受講料を今までの倍にしても集客できるようになった。

バーチャルオフィスから始めるという選択によって自由に使える資金が増えると、具体的にはこんなことが可能になります。バーチャルオフィスを選択するということは、未来を切り開ける賢い選択と言えるでしょう。


安心のバーチャルオフィスを提供しているナレッジソサエティ。バーチャルオフィス東京が人気の理由は、会議室など別の施設をご利用することなく、お金をかけず、すぐにご利用することができます。

トピックス

注目記事一覧

SITE MAP