男性と会議室

部屋を借りるよりバーチャルオフィスで手軽に経営

女性

自分が起業をしようと思い立ったら、どの位の費用が掛かるのでしょうか。例えば会社の設立に際して登記をするといった事務的な事は最低限必要ですが、それは一度きりの出費です。大きな問題は運営費です。起業をするとなると仕事をする本部となる場所が必要となります。大きな夢は一等地に自社ビルを持つ事でも構いませんが、起業したてとなると実際には賃貸マンションの一室でも非常に大きな出費です。賃貸マンションを借りる際には、個人の信用や保証人の他、敷金、礼金、家賃数か月分の前払いが一般的です。一般論として、これから起業をしようという人物に対して簡単に信用をしてもらえるものでしょうか。

又、金銭的な負担が大きなハードルとなります。部屋を借りるにあたり数十万から数百万円の出費、更には毎月の光熱費等の諸費用がかさむ事が予想されますが、肝心の売り上げはすぐには期待出来ないのが普通です。バーチャルオフィスでしたら、住所だけを借りる事が出来、肝心の実務は自宅を利用して費用を安く抑える事が可能となります。何より、手軽さを見たらバーチャルオフィスが一番の大きなメリットです。起業を思い立ったらすぐにバーチャルオフィスを借りて経営を始める事が出来るのですから。

トピックス

注目記事一覧

SITE MAP